防火区画ケーブル貫通部延焼防止工事 耐火システム施工・設計
防火区画ケーブル貫通部延焼防止工事
耐火システム施工・設計
株式会社トヨボウ

ビルオーナー様専用ご相談窓口

for Building Owner

テナントビル・複合オフィスビルオーナー様専用ご相談窓口


テナントビル
複合オフィス
ビルオーナー様
専用ご相談窓口


 
 

防火区画ケーブル貫通部
延焼防止工事

既存不適格建築物を作らないために


 近年、雑居ビル火災やエレベーター事故など、既存建築物の維持管理不備に起因する重大事故が発生しています。テナントビル等の売却時、もしくは購入時や用途変更時に施す大規模修繕や改修工事。その際に見落としがちな防火区画ケーブル貫通部耐火措置は火災報知機やスプリンクラー等の消火設備と違って、ケーブルが敷設されている普段目にしないEPS等の隠蔽部にある場合が多いため、建築物新設時にはゼネコン、各行政の厳しい基準や検査をクリアしており違法建築物ではないものの、数年後の修繕工事や更新工事時の認識不足のため、貫通部の防火措置復旧不備となり、既存不適格建築物となってしまう可能性があります。

防火区画ケーブル貫通部延焼防止対策とはビルオーナーの方々にとって、大切な資産の付加価値や金融機関の評価を向上させるだけではなく、建物を利用される方々の人命を守る対策と考える方も少なくありません。